「子は親の鏡」

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる

とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる

不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる

「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる

子どもを馬鹿にすると、引っ込み思案な子になる

親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる

叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

広い心で接すれば、キレる子にはならない

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ

和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中は
いいところだと思えるようになる


詩 ドロシー・ロー・ノルト

「子どもが育つ魔法の言葉」より



詩「子は親の鏡」は、「子どもが育つ魔法の言葉」の著者ドロシー・ロー・ノルトが
1954年に書いたものです。
そして、時代の流れに従って、手を加え今日の詩にいたっています。

この詩でドロシーが伝えたいことは、
「子どもは常に親から学んでいる。ああしなあい、こおしなさい、という親の躾の言葉
よりも、親のありのままの姿の方を子どもはよく覚えている。

親は子どもにとって
人生で最初に出会う最も影響力のある「手本」なのです。」ということです。