幸せへのヒント「勇気づけ」

我が子の幸せを望まない親はいないと思います。

幸せの条件のひとつに「自分が好きであること」があります。
これが、満たされていないと、他の条件も満たすことができません。

では、どうすれば「自分のことが好き」と思えるようになるのでしょうか?

親の言うことに従い、勉強ができて、良い学校に行って・・・
叱咤激励されながら、優秀であり続けることがそうでしょうか?

世間では、子どもたちの起こす悲しい事件が後を絶ちません。
事件を起こした子どもたちは、自分のことを好きだと感じていたのでしょうか?
好きだと感じていれば、自分や他人を粗末に扱うようなことは
しないのではないでしょうか?

「勇気づけ」は、自分を好きと思えるように、困難に立ち向かう能力が
自分にはあると信じられるように、人々を信頼できるように
援助する方法のひとつです。

そして、勇気づけは子どもの気持ちに共感することからスタートします。

    
   
What is
勇気づけ ? 

         「植物が水を必要とするように、
                    子どもたちは勇気を必用とする」

                               と、ルドルフ・ドライカースは言っています。

     人生で出会う様々な困難に、子どもが勇気を持って立ち                                  
     向かうためには勇気づけが欠かせません。

     ※勇気づけとは、子どもが「私は能力がある」「人々は仲間だ」と思えるよう援助を
     して行くことです。日々の生活の中で、子どもを信頼する、責任をもたせる、
    子どもの意見や助言を求める、むやみに援助の手を出さない、
良さを伸ばす
    子どもの価値を認め自立を促していく
ことなどが、勇気づけにつながります。


 ほめてますか?それとも勇気づけてますか?
 ほめられたいですか?
 それとも勇気づけられたいですか

        料理はあまり得意でない私。
        ある日、時間に余裕があったので、たまには手の
        込んだ料理でもと思い本とにらめっこしながら大奮闘!!
        そして、家族団欒夕食のひとときが。

夫の言葉

「うーん、まあまあだな。お前もやれば出きるじゃないか。」

えっ?これってほめてるの?なんかうれしくないっ!
この一言で、・・・。
料理に時間をかけるのを、やめようと思った。

           気を取り直して最近、久々に手作りコロッケ。
          いつもならコロッケは、めんどうなので冷凍ものやでき
          あいのものですますのですが。

 

長女の言葉
「今日は、手作りなの?やっぱお母さんの
                  手作りはいいなあ♪」

        とうれしそうに言ってくれた。味も見た目もたいしたこと
        なかったんだけど娘のひとことで、また、作っちゃおう
        かなと思えた。

     夫には、勇気をくじかれ、娘には勇気づけられた日常のひと
     コマです。こういうことってありませんか?
     知らず知らずのうちに、勇気をくじかれていたり、勇気づけら
     れていたりとか。
     大人の私でさえ些細な言葉に反応するのですから、
     子どもたちはなおさらですよね。

  「ほめる」・・・能力のある人が能力のない人に「よくできました」と上から
           下へと評価することです。
           それは、行為をした人にあたえられます。
           相手とは縦の関係。

  「勇気づけ」・・・勇気づける側に、相手に対する尊敬と信頼が欠かせず、
            「私は能力がある」「人々は仲間だ」と感じられるよう
            に援助することです。
            勇気づける言葉は、行為そのものに与えられます。
            相手とは、対等な横の関係。

               

                今思えば、勇気づけ

 独身の頃勤めていた幼稚園での出来事です。毎週金曜日は、子ども
たちの送迎用の通園バスに乗るバス当番でした。そして金曜日は、
年中さんと年長さんが、幼稚園から、スイミングスクールへ行く日でもあ
ります。


プールに入るのが怖くて、スイミングの日は憂鬱なYちゃん。
ある日泣きべそをかきながらスイミング用のバッグは持たず、
バスにのりました。
でも、後からそっとお母さんがバッグを私に渡しました。
結局プールに、入らなければならなくなったYちゃん。

スイミングの時間になりました。イヤイヤながらもプールにはいっています。
最初に水の中を何週か歩くのですが、体の小さいYちゃん、チャプチャプと
水が顔にかかり歩くだけで精一杯の様子・・・。
でも、私も子どもの頃水が怖かったのでYちゃんの気持ちが少しわかりまし
た。辛くてもがんばっているYちゃんのけなげな姿がとても印象的でした。

                             

 翌週、なぜかYちゃんニコニコしながら、おまけにスイミングバッグをしっか
りと持って通園バスに元気よく乗り込んできました。これには、びっくり!!
そしてお母さんが「先週、あどママ先生が、ほめてくれたって喜んでいま
した。ありがとうございました。」
とお母さんまでうれしそう。

ええっ?先週何か言ったっけ???私。
よくよく考えてみたけれど、帰りの通園バスのなかで、プールでの一生懸命
さが印象的だったYちゃんに対し耳元で、「今日、がんばってたね」と内緒
話みたいに言っただけでした。たった、それだけ。
私もうれしくなり、Yちゃんの笑顔に勇気づけられました♪
                 (当時、勇気づけという言葉は知らなかった)

                                          
                                       

 私は、勇気づけに対し苦手だし、下手だなと感じていました。勇気づける
 相手に対し、何と言ったら喜んでもらえるだろうか、勇気づけられるだろ
 うか?でも、うまい言葉が見つからなくて・・。でも、それはちがいました。
     
 相手に共感し、そして私の感じたことを素直に、言葉にして伝えればいい
 ことだと気づきました。
 下心があるのはNGですね!!
 そして、相手とは対等な横の関係でなければならない
 のです。相手が子どもであっても!!


      ※ 
ルドルフ・ドライカース
           アドラーの死後一時期途絶えてしまったアドラー心理学を
           再び広めて行った。当時まだ十分に整備されていなかった
           アドラー心理学を、今日みるような形にまとめあげ、さらに
           治療技法の開発を通して実践性を高めた。アドラー心理学を
           体系づけた最も重要な人物。